中文版 English 日本語
公司子公司
丹東千譽鉱業有限公司
凤城市千誉钛业有限公司
鳳城市鳳華鎂業有限公司
会社概要 您的位置:首页 > 会社概要 > 丹東千譽鉱業有限公司
 

丹東千譽鉱業有限公司

丹東千譽鉱業有限公司は1993年5月に設立され、ハイチタンスラグと電気グレード酸化マグネシウム粉末、多元系合金レールセクション、鉄球、耐熱鋳物等の研究、生産、販売を中心とする技術集約型企業となります。会社は遼寧省鳳城市にあり、瀋丹(瀋陽ー丹東)高速道路まで5km、大東港まで60 kmで、交通に便利な立地です。

  会社は設立されて以来、常に優良な製品、完全なサービス、合理的な価格をお客様に提供しています。タイムリーに国内外の先進技術動向を注目し、適時に取り込んでいます。現在、会社に所属する企業は五つも達しています。

  ハイチタンスラグ生産企業は三つで、6300KVAエコ型密閉式鉱熱炉1台、3200KVA鉱熱炉2台、1800KVA鉱熱炉5台を保有しております。ハイチタンスラグ(TiO2≥92%)と耐摩生鉄の年間生産量はそれぞれ36000トン、9000トンとなります。酸化マグネシウム粉末及び耐火材料生産企業一つで、主に電気グレード酸化マグネシウム粉末の生産を中心として、年間生産量は6000トンもあります。金属鋳物企業一つ、従業員400名以上です。中波式誘導炉2台を保有し、バナジウム、チタン、ボロンの耐摩合金、多元系合金鋳鉄ボール鍛造、耐熱鋳物の年間生産量は8000トンも達しています。

  会社は管理を規範化させる一方、会社自身の特徴と能力に基づき、独自に鉱熱炉の研究開発と製造を実施しております。また、ハイチタンスラグの生産フローの研究にも努めております。弊社保有している6300KVA鉱熱炉は現在国家自主知的財産権の申請を実施しております。2008年、東北大学と連携し、「千譽」バナジウム、チタン、ボロンの耐摩合金のような鋳物シリーズ製品を研究開発、生産してきました。北京工業大学と一緒に研究開発した多元系合金鋳鉄ボール鍛造技術は国家科学技術賞を受賞しました。2012年4月、ISO9001-2008品質マネジメントシステムの認証を取得しました。

  「品質第一、信望第一」は我々の終始一貫の原則で、国内外で知名なチタン生産基地を建設するのは我々の長期的な目標です。現在、弊社の製品は既に日本、欧州、東南アジア等に販売しています。お客様から大好評され、良好かつ安定な顧客関係を構築できました。